会長挨拶


一般社団法人 山口県臨床検査技師会

会長 渋田 秀美

 

 会員の皆様におかれましては、平素より当技師会活動にご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、山口県臨床検査技師会の役員改選に伴い、平成28年度定期総会において理事として選任され、続いて行われた理事会審議にて平成2829年度会長に就任することとなりました。私は常務理事、副会長として長い間、技師会運営に携わってきましたが、今回、「会長」という要職に就くにあたり、これまでの経験を活かしつつ、なお一層、気を引き締め、会務に取り組んでいく所存です。諸先輩方が築き上げた素晴らしい部分は継承しながらも、改革すべきところは改革し、今後、更なる当会の発展に尽力していきたいと思います。

新執行体制は3名の副会長(うち1名新任)8名の常務理事(うち2名新任)、5名の地区理事(5名新任)となります。副会長、常務理事は県技師会としての事業を分担して執行し、地区理事は支部独自の活動とともに、支部の代表者として県技師会と支部との連携をとり各種事業を執行します。技師会活動の大部分は会員の皆様の協力と参加によって成り立っています。県技師会役員の考える技師会活動と、会員の考える技師会活動が乖離することのないように、会員の声に耳を傾け、会員の皆様にとって有意義な活動ができるよう努力していきたいと思います。また、職能団体として専門的な技術や知識の維持向上に努めることはもちろんですが、啓蒙活動や福利厚生事業についてもさらに充実した活動が行えるよう皆様のご協力をお願いいたします。

 平成29年度は日本臨床衛生検査技師会中国四国支部医学検査学会が山口県の担当で開催されます。平成29111112日を会期とし、下関市海峡メッセ、および下関市生涯学習プラザでの開催を予定しています。中四国9県の輪番制で開催されている学会であり、当日の実務委員として参加経験のある方も多数いらっしゃると思います。しかしながら今回は日臨技の一般社団法人化に伴い、日臨技主催の支部学会として開催される点で、これまでの担当学会(平成2年、11年、20年開催)とは運営体制が異なっており、多少の混乱が予想されます。学会の円滑な開催のため、県技師会理事を実行委員、検査研究部門長を学術委員として早期に準備を進めていきたいと思います。なお、当学会は第50回の記念学会であり、中四国の会員にとって記憶に残る学会となるよう鋭意準備を進めてまいります。準備段階から当日の運営まで、多くの会員の皆様のご協力が必要となりますので、よろしくお願いいたします。

 最後となりましたが、先に行われた参議院選挙にて日本臨床衛生検査技師会長の宮島喜文氏が初当選されました。現職の日臨技会長を国政の場に送り出せたことは、臨床検査技師にとって、地位向上や業務拡大に明るい光をもたらしました。しかしながら、この当選は日臨技会員の努力のみで勝ち取ったものではなく、日本臨床検査所協会や日本臨床検査薬協会など臨床検査を取り巻く関連業界全体で勝ち取ったものです。山口県臨床検査技師会も臨床検査関連業界全体の発展に貢献できる職能団体と成長できますよう、会員の皆様の御協力をよろしくお願いいたします。